セフレ出会いに関するサクラの実態はどのようなものですか?

セフレ出会いに関するサクラの実態はどのようなものですか?

セフレ出会いに関するサクラの実態はどのようなものですか?

【 セフレ出会いに関するサクラの実態はどのようなものですか? 】

セフレ出会いの専門サイトなど、いかにもセフレとの出会いに適したサイトはたくさんあるように思われがちですが、実際のところ、専門サイトと銘打たれたものにアクセスしても、たいした成果は得られません。

これは実際に私が二年間ほど出会い系サイトを利用し続けて得た実感なので、ある程度は信用してもらって大丈夫です。

セフレ出会いの専門サイトなどがどうしてダメなサイトなのか、その理由はいたって単純で、そういうサイトに登録しても、女性はいないからです。

つまり、ああいうサイトに喜んで集まってくるのは男性ばかりで、女性の会員はほとんどいないんですよね。

女性の会員がいると思わせておいて、そういう存在はたいていサクラだったり、あるいはネカマだったりします。

最近のネカマは詐欺の手口が巧妙になっているので、ころっとだまされる男性もいるんですよね。

普通、悪徳サイトがサクラとして女性を雇うのであれば、チャットレディーという形で、メールのやり取りを通じて男性とコミュニケーションを取らせて、メールを送受信するための利用ポイントなどをひたすら消費させます。

自分がメールをしている相手がまさかサクラであるとは見抜けない哀れな男性会員は、せっかく出会えたメル友と末永く仲良くしたいと考えるので、ひたすら甘いメールを送り続けます。

その行為自体に何の意味もないことを気づけずに。

そして、気がつけば大金をサイト側に支払っていることになるのです。

ポイントを購入しなければサイトを利用することができません

ポイントは、メールの送受信やプロフィールの閲覧などアクションに際して必ず必要になるので、使い切ったらその都度購入するというスタイルが基本です。

サクラとメールをしている間はひたすらポイントを無駄遣いしているということになりますが、繰り返すように哀れな男性はその事実に気づくことができないので、ひたすらサイトに金を支払い続けると言うことになります。

ひたすら男性会員とメールのやり取りをして、その分だけポイントを消費させるという詐欺を働くサクラを「キャッシュバッカー」と呼びます。

この言葉を聞いたことがある人も少なくないのではないでしょうか。

優良なサイトに登録すれば、悪質なキャッシュバッカーの数も少なくなります。

けれども、悪質なサクラの存在を完全に撲滅することは、残念ながら不可能です。

なぜなら、悪徳サイトがアルバイトとして雇うサクラだけではなくて、完全に優良なものであるはずのサイトにも、利用者にお金を無駄遣いさせるサクラは潜んでいるからです。

悪デリと呼ばれるタイプのサクラをご存じですか。

彼女たちは(便宜的に女性として扱いますよ)、もちろん出会い系サイトの運営者に雇われているというわけではないのですが、例えば、初回だけはセックスの時にお金を払ってねと言って、男性の利用者にお願いするのです。

初回だけお金を払ってね、というお願いの仕方が非常にあざとい

セックスさせてもらうために(ちなみにセックスできるオススメのサイトは»せフレできるfloraegyptfair)、初回だけ例えば二万円払ってくれと言われれば、出会い系サイトを利用している男性の多くは、おそらくあっさりとオッケーを出してしまうでしょう。

なぜなら、二万円を支払う程度なら、普通に風俗店へ足を運んでいいことするよりも、よほど安上がりだからです。

どのような店に行くかによってももちろん条件は違うのですが、今時の風俗店は特に、お金をたんまり支払ってもセックスまでさせてもらえるケースというのは少なくなっているようですから、それなら出会い系サイトでセフレを探した方が得なのだという感覚が、多くの男性の頭にあります。

けれども、この「初回だけに万円払ったらセフレになってあげる」という甘い言葉はたいていが嘘です。

百歩譲って、本当にセックスさせてもらえるとしても、お金の支払いが初回だけで済むということはほとんどありません。

たいてい、一度目で味をしめた金づるに、次回以降からもしつこくお金を取るのです。

そして、男性が抗議すれば通報するなどといって脅すのです。

セックスする立場になると、男性はとたんに弱くなります。

だって、警察を呼ぶと言われればもう抵抗できず、おとなしく相手の要求を飲むしか方法がありませんからね。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト